BLOG

ブログ

2021/08/11 社内

会社でリモート飲み会を開催した話

この記事を書いた人 T.S

こんにちは!T.Sと申します。

今回は、「リモート飲み会」をテーマに記事を書かせていただきました🍻

というのもこの前、会社でのリモート飲み会を主催させていただきまして…。
その際、開催にあたってのノウハウ記事があると便利だなと思ったため、
事前準備・進め方などを、備忘録がてら書き残すことにしました。

リモート飲み会とは

リモート飲み会(オンライン飲み会)とは、
参加者がPC・スマホからビデオ通話ツールを利用して行う飲み会のことです。

  • 自宅から参加できるので移動が楽
  • 感染症対策となる
  • 参加者全員の表情が見れる

などといったメリットがあります!

新型コロナウイルスが流行し出した2020年の春ごろには、
「Zoom飲み」「オンライン飲み会」などの単語が流行った覚えがあります。

リモート飲み会に必要なもの

  • ネットに接続できるPC・スマートフォン
  • ビデオ通話ツール
    • ZoomGoogle MeetSkype
      有名なビデオ通話のツールで、いずれもホスト側はアカウントが必要となります(Skypeは参加者側も必要)
      Zoomは無料プランのアカウントだと、40分の利用制限時間が設けられています。
      今回、弊社で行ったリモート飲み会では「Google Meet」を利用しました。
    • たくのむ
      ホスト側・参加側もアカウント不要で利用できるサイトです。
      機能も簡潔で分かりやすく、手軽に飲み会が開けそうだったので、個人的にまずは友人間で試してみたいところです😏
  • 当日の食べ物・飲み物
    重要アイテムです。飲み会と言うならば、これがないことには…笑!
    自分が本当に食べたいもの・飲みたいものを、自分のペースで飲食できるのは、
    リモート飲み会だからこそのメリットかなと思います✨

リモート飲み会当日までの流れ(主催側)

1. 開催日時・当日の流れの決定

他の主催メンバーと打ち合わせし、開催日時は打ち合わせから約2週間後の金曜日終礼後にしました。

・始めの挨拶     … 5分
・グループでの交流①・② … 15分 × 2巡 = 30分
・休憩        … 10分
・グループでの交流③・④ … 15分 × 2巡 = 30分
・終わりの挨拶    … 15分

スケジュールは上記のような流れで、合計90分の飲み会としました。
リモート飲み会では、お店のラストオーダーや、電車・バスの終電といった、
普段の飲み会ではおなじみの切り上げタイミングが無いため、
あらかじめ終了の時間を決めておくことが大事です⏰

2. 1で決めたスケジュールの共有 + 参加者の募集

先ほど決めた「開催日時」「スケジュール」を社員全員に共有し、その上での参加可否をお尋ねしました。

大まかなタイムスケジュールや、飲食代補助が出る旨など、補足事項も伝えておくと、参加OK / NGの判断がしやすくなって良いかと思っています!

3. グループ決め&共有

今回のリモート飲み会では、「始め・終わりの挨拶」だけ全員参加とし、
その他の歓談・飲食は4〜5人の少人数グループで分けて行うようにしました。

リモート飲み会のデメリットとして、
「声が重なってしまう」「全員と話せない」「話をする人が限られる」
ことが挙げられます。

また、業務では別プロジェクトのため接点がなかったり、オフィスでの席が遠かったりと、
普段あまり話すことができていない人ともお話できる機会を…!と思い、なるべく色んな人と当たるよう調整しつつ、参加者を振り分けました。

今回は「グループでの交流」を各15分、4回ずつ行うようにしました。
グループのメンバーは毎回入れ替わるようにしたため、多くの人と交流できる機会を作れたのではないか?と思っています。

4. 当日用の通話URLを用意&共有

ZoomやGoogle Meetといったビデオ通話ツールでは、事前に通話用のURLが用意できるため、用意&共有しておくと便利です!

今回のリモート飲み会では、少人数グループでの通話用にもURLを用意し、グループでの交流時間になったら、各自でそれぞれのグループURLに飛んでもらうようにしました。

5. (当日)開始連絡&参加する🍻

今まで決めてきたこと(1〜4)を参加者全員に再度共有し、4の「当日用の通話URL」に集まってもらうよう連絡しました。

全員が集まったら、あとは通常の飲み会と同じように乾杯をして、飲み会の開始となります🎉
(リモート飲み会では、それぞれのビールの銘柄や缶チューハイの好みが知れて楽しいです笑)

乾杯含めた始めの挨拶が終わったら、あとは各自グループに分かれての飲みフェーズに移ります。
参加者には、15分区切りで通話用のURLを切り替えるようにアナウンスを入れておくと分かりやすいかな、と思います!

リモート飲み会時におすすめのゲーム

皆で盛り上がりたいとき、話題に詰まったとき…etc
お手元のPC・スマホで、手軽に皆でゲームができるのもリモート飲み会の魅力の一つです✨

今回は、「ログイン不要」かつ「ルールが分かりやすい」をポイントに、Webですぐ遊べるゲームの中で、私のお気に入りをご紹介します。

※ 以前実際にプレイした時のものです。割とうまくいったほう

お題に沿って絵を描く → 他の人がその絵のお題を当てる → 他の人がそのお題に沿って絵を描く…、を繰り返していくお絵かき伝言ゲームです✏️

伝言の過程で、最初のお題からどんどんズレていく流れがすごく面白くてイチオシのゲームです!
絵が苦手な人・お喋りが苦手な人でも、盛り上がりやすいゲームだと思っています…!(経験談)

ババ抜き・大富豪・七並べといった、お馴染みのルールでトランプが遊べるサイトです🃏
カードを切る・配るといった手間がないのでサクサク遊べます!
…が、ババ抜きは相手のカードを引く際の心理戦(?)が無いので、ちょっと寂しいかも。。

宣伝:弊社の「オンライン交流会制度」について

そしてこちらは弊社の福利厚生の宣伝になるのですが…!

なんと弊社には「オンライン交流会制度」というものがありまして、内容を簡潔にまとめますと、
「3人以上のリモート飲み会を開催すると、1人1500円までの食事代補助が出る制度」となっています!
今回行ったリモート飲み会でもばっちり適用させていただきました🙏✨

オフラインでの人との接触・外での飲食が憚られるコロナ禍で、とても魅力的な制度だと感じているので、
もっと活かしていきたい&交流を深める機会をどんどん増やしたい所存です!
(個人的には、お絵かき伝言ゲーム会など開催してみたいところ…☺️)

まとめ

今回は、「リモート飲み会」について書かせていただきました。
少しでも何かしらのお役に立っていましたら幸いです🙇‍♂️

まだまだコロナ禍かつ暑い日々が続きますので、ぜひ涼しい自宅でリモート飲み会を楽しまれてはいかがでしょうか〜!

アーカイブ